ホームセキュリティ費用・料金を抑えて低価格にする7つのポイント

絶対に高い金額で契約してはいけません!


ホームセキュリティ費用や設備を徹底的に比べてみて
もっともコストパフォーマンスが良い、こちらの会社と契約しました。

>>絶対に損したくない方だけ、クリックしてご覧ください!

非常時の対応

 

ホームセキュリティの会社を選ぶときには
空き巣の侵入、火災など
異常事態のときにどのように対応をしてくれるか
も大事です。

 

 

空き巣に入られたとき

 

外出中に空き巣が侵入した場合
警備会社や警備員は、次のように対応してくれます。

 

@ ホームセキュリティ機器が侵入者を感知
         ↓
A 警備会社の監視センターに信号を送信
         ↓
B 警備員に出動を指示
         ↓
C 家主に連絡
         ↓
D 警備員が到着して対応

 

 

この順番は一般的なもので、B、Cが同じタイミングであったり
Bと同時に警察に連絡してくれる会社もあります。

 

空き巣の場合だけではなく、
火災やガス漏れ発生時の対処方法も
連絡先が警察署から消防署に変わるだけでほぼ同じです。

 

 

このほか、Dのときの状況によって警察署、消防署に連絡するところもあるなど
どのタイミングで、どのように対処をしてくれるのかは、警備会社によって違います。

 

なので、非常時の対応は警備会社からしっかりと聞いておきましょう。

 

 

いずれにしても、
警備員が迅速に行動してくれる警備会社
を選べば、大きな事故にならずにすみます。

 

ただし、プラン内容によっては、「警察に連絡するのは家主」というように
警備会社ですべてを対応してもらえないこともあります。

 

あらゆる非常時に備えて
自分で対処しなければならないこと
については契約前に確認しておきましょう。

 

 

このほか、

  • 在宅中に危険を感じたとき
  • 急に体調が悪くなったとき

などに、どのボタンを押せばいいのか
家主はどんな行動をとっておけばいいのか
対応を細かく聞いておくべきです。

 

 

カギを警備会社に預けない場合には
家の一部を壊して、中に入ってもらうことになります

 

「この窓は割ってほしくなかったのに…」
とならないよう、どこを壊して入ってもらうのか
あらかじめ決めておきましょう。

 

 

このように、ホームセキュリティの導入を検討するときには
警備会社や警備員の対応だけでなく
家族がとるべき行動についても比較しましょうね。

 

ホームセキュリティ費用を下げるには?

高いはずと思い込んでたセキュリティ費用が
コチラを中心に比較すると、お得に契約できたから不思議です。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
>> 数十万円も損したくない方はこちらをクリック!