ホームセキュリティ費用・料金を抑えて低価格にする7つのポイント

絶対に高い金額で契約してはいけません!


ホームセキュリティ費用や設備を徹底的に比べてみて
もっともコストパフォーマンスが良い、こちらの会社と契約しました。

>>絶対に損したくない方だけ、クリックしてご覧ください!

プラン内容

 

ホームセキュリティの内容は警備会社によって違うだけでなく
警備会社の中でもプラン内容がたくさんあります。

 

センサーなどの機器をたくさん配置して
しっかりと防犯対策できているプランもあれば
必要最低限のところだけ防犯し、安く利用できるプランまでさまざま。

 

 

さらに、オプションとして自由に追加できるものも多いので
比較するのは大変ですね。

 

けれど、見積りを取る場合には
どの会社にも必ず同じ条件を言って、出してもらうこと。

 

会社によって、防犯の範囲や機器が違っては比べられませんからね。

 

 

難しいことはありませんよ。

 

家族を守るために必要なものは何か?
ということが決まれば、プランは自然と決まります。

 

 

例えば、外出時に空き巣が侵入したとき
メールでお知らせしてくれるだけ でいいのなら、お手頃なプランで済むでしょう。

 

 

でも、警備員に出動してもらいたい という希望があるなら
メールのみに比べて、高額な料金プランとなるでしょう。

 

 

さらに、体の具合が悪くなったとき
警備員に駆け付てもらえる救急サービスや
お子さまが帰宅したことをメールで知らせてくれるものなどもあります。

 

 

たくさんあるサービスやプランから
ご家族にとって必要なものを組み合わせましょう。

 

 

そのために必要な警備項目やサービス内容について挙げましたので
プランを決めるときの参考にしてくださいね。

 

 

 

ホームセキュリティ機器の種類や数

 

ホームセキュリティの機器としては
警備の設定、解除などをする本体コントローラ―は必要となりますが
各箇所にとりつけるセンサは自分で選ぶことができます。

 

 

主なセンサーとしては、

  • 侵入者を熱感知する空間センサー
  • 窓の鍵が開閉されたことを知らせる窓センサー

となります。

 

どちらも侵入者を知らせるもので
どこにどれだけ設置するのかで価格は変わってきます。

 

 

たとえ2階建てであっても、1階だけでいい場合もありますし
窓からの侵入さえ防げばいいなど
求める警備内容に合わせて取りつければいいだけです。

 

 

予算に余裕がある方は
あった方が便利かなと思えるものは、導入しておけば安心です。

 

でも、価格を低く抑えたいときには
絶対になくてはならないものだけを導入しておけばいいですよ。

 

 

 

あと、プラン料金に関係するものとしては
ホームセキュリティ機器を買取るかレンタルするかという点です。

 

どちらがお得かは、警備会社の設定や契約年数によります。
詳細についてはコチラで紹介していますので、一度ごらんください。

 

 

 

警備内容について

 

警備する内容については、在宅時は必要なく
外出時のみでいいという方がいらっしゃいます。

 

また、非常時にだけ通報したいという方も。

 

これらは家族構成によって大きく変わりますので
どれが必要か検討してみてください。

 

 

外出時の警備

 

ほとんどの契約者が、この目的で加入されています。

 

外出時に不審者が家に侵入したことを通知してくれるものです。
窓センサー、空間センサー、屋外ランプなどがセットになっていることがほとんどです。

 

どこにどれだけセンサをつけるかが料金に大きくかかわります。
ライフスタイルに合わせて必要と思えるものを設置しましょう。

 

 

外出時の警備は、長時間おでかけするときだけのものではなく
ちょっとした散歩やお買いもののときでも設定しておきましょう。

 

空き巣はその一瞬のすきを狙っていますので。

 

 

在宅時の警備

 

在宅中であっても泥棒は入ってきます

 

例えば、夜、2階で寝ている時に、1階から侵入してくることがあります。

 

または昼間でも、居間でテレビを大音量で見ている時に
静かに入ってきても、気づかないかもしれません。

 

 

ホームセキュリティでは在宅中にも警備を設定できます。
1つの部屋で過ごす時間が長いときには
他の部屋や階を警備しておけば不審者の侵入を防ぐことができますよ。

 

 

非常時の警備

 

オプションになるのですが、
非常ボタンを押すと警備員が来てくれるシステムです
自宅から不審者が見えたとき、身の危険を感じたときなどに使用します。

 

 

また、お年寄りがいらっしゃる家族が利用されるのが救急サービス。
体の具合が悪くなったときに非常ボタンを押すだけで、
警備員が来てくれたり、救急車を呼んでくれるサービスです。

 

 

 

防災について

 

ホームセキュリティには防犯対策以外に
防災についても対応してくれるサービスがあります。

 

火災監視

 

火災が発生したときに警報音を出して知らせるだけでなく
警備会社に自動で通報してくれるシステムです。

 

火災に早めに気づくことができるだけでなく
警備員も駆け付けて、被害を最小限にしてくれます。

 

 

ガス漏れ監視

 

火災の場合と同じく、ガスが漏れていることを検知すると
警備会社に通報し、火事を未然に防ぐことができます。

 

 

 

その他のプラン

 

通信回線

 

警備会社との通信には
インターネット回線電話回線などを選択できます。

 

インターネット回線の場合、
いつも接続されている状態でなければ利用できませんが
定額契約しているなら通信費はかかりません。

 

 

電話回線を使用する場合には、
警備を設定・解除するときの電話料金が
通信費として発生することがあります。

 

 

鍵預かりサービス

 

警備会社に自宅の鍵を預かってもらうサービスです。

 

 

非常時に家の中に入ってもらい、状況を確認してもらうには
あらかじめ鍵を預ける必要があります。

 

鍵を預けていない場合には
警備員にガラスを割ってもらうなどで
家の中を確認してもらいます。

 

 

カギをなくしたり、家の中に閉じ込めたときにも
警備員がカギを届けてくれますよ。

 

 

 

 

 

このように、ホームセキュリティには
さまざまなサービスやプランが用意されています。

 

ご家族の安全、安心を確保するために
ピッタリ合うものを選びましょう。

 

もちろん料金も比較検討してくださいね。

ホームセキュリティ費用を下げるには?

高いはずと思い込んでたセキュリティ費用が
コチラを中心に比較すると、お得に契約できたから不思議です。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
>> 数十万円も損したくない方はこちらをクリック!