ホームセキュリティ費用・料金を抑えて低価格にする7つのポイント

絶対に高い金額で契約してはいけません!


ホームセキュリティ費用や設備を徹底的に比べてみて
もっともコストパフォーマンスが良い、こちらの会社と契約しました。

>>絶対に損したくない方だけ、クリックしてご覧ください!

ホームセキュリティの費用が増える原因は?

 

ホームセキュリティを導入するとき

同じ大きさの一戸建てであっても
料金に差が出ることがあります。

 

 

ホームセキュリティにかかる費用の内訳のうち
費用が大きく変わりやすいの機器の価格

 

 

機器にはコントローラーやさまざまなセンサーが含まれているのですが
そのなかでも数万円以上もの大きな差が出やすいのは

 

窓センサー なのです。

 

 

窓センサーがなぜ価格を上げてしまうのか?

 

一般に、空き巣や泥棒が侵入してくるのは
窓からが50%以上と言われています。

 

つまり、窓が多い一戸建ては
空き巣にとって侵入しやすいと言えるのです。

 

なので、空き巣の侵入を防ぐには、
窓の数だけセンサーを取りつけることが必要です

 

 

もちろん体が通らない窓には必要ありませんが
一般の引き違い窓にはすべて取り付けるのがベストです。

 

 

2階の窓にはセンサーを取りつけなくても大丈夫かなと思いがちですが
空き巣が2階から侵入したケースはたくさんありますのでご注意を。
 

 

1階はバッチリとセキュリティできてるのに
2階から空き巣に入られたのなら
ホームセキュリティの意味がありませんよね。

 

 

ちなみに我が家では、人が出入りできてしまう大きさの窓には
すべてセンサーを取り付けています。

 

もちろん費用は上がりましたが、
すべての窓から空き巣の侵入を防ぐことができるので、安心です。

 

 

 

窓にセンサーを取り付けるともう1つ!大きなメリットが。

 

各々の窓にセンサーが付いているので、セキュリティー状態にしていなくても
本体のコントローラーを見れば、窓の開閉状態が一目瞭然!

 

いちいち部屋の窓ごとに鍵の確認をしなくていいのでラクです。
締め忘れもなくなるので安心ですし、便利です。

 

 

 

窓の数以外に価格が上がる原因

 

ホームセキュリティの費用は窓の数以外に
部屋の広さなどでも上がることがあります。

 

 

例えば、広いリビングダイニングがある一戸建ての場合。

 

一般的な広さの一戸建てでは空間センサーが1個しか必要ありませんが
広いリビングダイニングでは、2個以上必要となる場合があります。

 

その場合は機器の価格と工事費がプラスされますが
大きなおうちなので、価格の心配はされないかもですね(笑)。

 

 

ほかにも、

  • 火災センサー
  • ガス漏れセンサー
  • 持ち運び用リモコン
  • 屋外防犯カメラ

 

など、オプションとなっている機器を取り付けたり、購入することで
金額はどんどん上がっていきます。

 

 

警備会社によって機器の価格はバラバラですので
料金を比較するときには、機器の個数や種類を統一して見積もりをもらいましょう

 

 

そうやって、たくさんの警備会社やプランを比較して
ご自宅の間取りにピッタリ合ったホームセキュリティを選んでくださいね。

 

 

ホームセキュリティ費用を下げるには?

高いはずと思い込んでたセキュリティ費用が
コチラを中心に比較すると、お得に契約できたから不思議です。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
>> 数十万円も損したくない方はこちらをクリック!