ホームセキュリティ費用・料金を抑えて低価格にする7つのポイント

絶対に高い金額で契約してはいけません!


ホームセキュリティ費用や設備を徹底的に比べてみて
もっともコストパフォーマンスが良い、こちらの会社と契約しました。

>>絶対に損したくない方だけ、クリックしてご覧ください!

ホームセキュリティの契約

 

値引き交渉も無事に終わると
いよいよホームセキュリティの契約です。

 

見積もりのときと同じように
契約のときも営業マンが自宅まで来てくれます。

 

契約当日は、重要な説明を聞いて
書類に記載して印鑑を押す
という決まりきった流れ作業です。

 

 

自動車を契約する場合には
こちらがディーラーに出向き
最後の値引き交渉をすることがほとんどでした。

 

営業マンが支店長に聞き
値引きOKが出れば契約するという流れです。

 

なので、印鑑を押す瞬間には
 ・ ハイオクガソリンを満タンでお願いします
 ・ 新車は自宅まで運んできてください
 ・ 端数はマケてください
などと言いたい放題。

 

 

しかし、ホームセキュリティの契約時に来られる営業マンは
決裁権を持った方ではありませんし、支店長なども一緒に来ません。

 

なので、そこでの最後の値引きは少し難しくなります。

 

 

ということは、契約までに決裁権を持った方としっかりと交渉し
できるかぎりの値引きをしてもらっておく方がいいです。

 

 

といいつつも、我が家では印鑑を押す直前に
端数はまけてもらいましたよ。

 

そのときは営業マンが電話して確認していましたが・・・。

 

 

ただ、契約までに電話で話をつけておいて
契約当日は営業マンとのびのびと契約する方がスムーズですね。

 

 

 

最終の値引き交渉も終わり契約するときには

月額料金
工事費
機器の種類と個数

などが正しく記載されているかを確認しておきましょう。、

 

このほか、

  • 月額料金の入金方法
  • 通信回線の種類
  • 火災監視、ガス漏れ監視

などついてもお忘れなく。

 

 

問題がないようでしたら印鑑を押して無事契約となります。

ホームセキュリティ費用を下げるには?

高いはずと思い込んでたセキュリティ費用が
コチラを中心に比較すると、お得に契約できたから不思議です。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
>> 数十万円も損したくない方はこちらをクリック!