ホームセキュリティ費用・料金を抑えて低価格にする7つのポイント

絶対に高い金額で契約してはいけません!


ホームセキュリティ費用や設備を徹底的に比べてみて
もっともコストパフォーマンスが良い、こちらの会社と契約しました。

>>絶対に損したくない方だけ、クリックしてご覧ください!

取り付け場所の確認

 

新築の場合、ホームセキュリティによる警備は
家が建ってからスタートとなります。

 

でも、その前に、まだ完成していない現場に行って
取り付け場所を確認しなければいけません。

 

というのも、ホームセキュリティのコントローラーは
壁に取りつけてしまうと動かすことができないので
電源などの配線は壁の内側に隠さないといけませんから。

 

 

なので、家を建てる前に、
どの位置に取り付けるのかを決めないといけません。

 

 

我が家では、電気配線工事がはじまる頃に取付け位置の確認がありました。

 

ホームセキュリティ用のコントローラーの他に
給湯器、床暖房、インターホンなどの機器と
配線や取り付け位置の兼ね合いがあるからです。

 

確認の時にはある程度の壁ができていたので
完成したときの壁の様子をイメージしやすい状態でした。

 

コントローラーは給湯器などの操作部に比べる
とても大きいので、できるかぎり目立たないようにしました。

 

キッチンとダイニングの間に空間があったので
操作機器は1か所にまとめて設置しました。

 

 

大きいものほど場所を確定させないといけませんので
まずはコントローラーの位置を確定して
それから他の機器を決めるといいですよ。

 

 

 

我が家でもっとも気にしたのは、取り付ける高さ。

 

というのも、当時は長男がまだ5歳で、
何でもかんでもすぐに触ってしまう可能性があったから。

 

なので、できる限り手の届かない高さに取り付けました。

 

 

床からおよそ150cmぐらいです。

 

大きくなると触ったりはしませんが
小さい頃は何でも触ってしまうので
できるだけ高い位置がいいかもしれませんね。

 

 

このように、ホームセキュリティ機器もどのあたりに取りつけるのか
事前に決めておくと、失敗することは少なくなりますよ。

 

ホームセキュリティ費用を下げるには?

高いはずと思い込んでたセキュリティ費用が
コチラを中心に比較すると、お得に契約できたから不思議です。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
>> 数十万円も損したくない方はこちらをクリック!