ホームセキュリティ費用・料金を抑えて低価格にする7つのポイント

絶対に高い金額で契約してはいけません!


ホームセキュリティ費用や設備を徹底的に比べてみて
もっともコストパフォーマンスが良い、こちらの会社と契約しました。

>>絶対に損したくない方だけ、クリックしてご覧ください!

機器操作のしやすさ

 

ホームセキュリティでの警備設定・解除には
機器やセンサを使用するのですが
いつ異常事態となるのかはわかりませんので
それらの操作のしやすさも重要です。

 

 

例えば、コントローラーと言われる本体には、

  • 外出・在宅時の警備設定、解除ボタン
  • 異常事態のときの非常ボタン

をはじめ、さまざまなボタンがあります。

 

小さくて見にくいボタンがたくさんあるよりも

  • ボタンが大きい
  • 文字が大きい
  • 液晶で見やすい

など、直感的にわかりやすくなっていないと
異常事態のときに混乱してしまいます。

 

そうなると、警備員への通報が遅れるのでとても危険。

 

だから、機器の性能だけではなく操作性も大切なのです。

 

 

警備設定・解除の方法

 

警備の設定・解除の方法としては

  • 暗証番号を入力
  • 鍵やカードを使用
  • 指紋認証

などがありますが、これは警備会社やプランによってまちまち。

 

設定・解除の方法が1つに決められている警備会社もあれば
これらの中から好きな方法を選べるところもあります。

 

 

暗証番号での設定・解除が簡単で便利ですが
ご高齢者やお子様は忘れてしまう可能性があります。

 

なので、このようなときにはカードや鍵が向いています。

 

ただ、家のカギと同じように持ち歩くことになるので
紛失などのリスクも出てきます。

 

ご家族にピッタリの方法を検討してくださいね。

 

 

最近では、携帯電話を使って外出先から警備を設定するプランもあります。

 

例えば、少しだけ近所に出かけるだけのつもりだったのに
知り合いにあってお茶することになった・・・・などのときには
設定するためにわざわざ家に戻らなくていいので便利ですね。

 

 

 

リモコンでの設定

 

警備会社によっては
コントローラー以外にリモコンでも操作できます。

 

テレビのリモコンのように、
ホームセキュリティーのリモコンもかなり便利。

 

 

例えば、就寝時。
コントローラーが1階に固定されているご家庭の場合、
2階の寝室の身近なところにリモコンさえ置いておけば
庭に不審者がいるなど身の危険を感じたときに
すぐに非常ボタンを押すことができます。

 

もちろん、普段の警備設定・解除も、2階の寝室などからできるので
わざわざ1階に降りるなど、コントローラーまで移動する必要がありません。

 

 

このほか、お出かけの時にもリモコンを玄関に置いておけば
コントローラーのある場所までわざわざ行かずにすみます。

 

 

警備の設定、解除などは毎日のことですし
非常時には少しでも素早い対応が必要ですので
コントローラーだけではなく、リモコンも含めて操作しやすいものを選びましょうね。

ホームセキュリティ費用を下げるには?

高いはずと思い込んでたセキュリティ費用が
コチラを中心に比較すると、お得に契約できたから不思議です。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
>> 数十万円も損したくない方はこちらをクリック!